香料の形態

 

水溶性香料

水溶性香料香料成分をアルコール・水で溶解して抽出したもの香り立ちが良く、フレッシュ感を(エッセンス)付与します。果実飲料や冷菓に使われています。

油溶性香料

水に溶けにくく耐熱性があり、加熱しても香りがとばないので、加熱工程のある食品類に(オイル)適しています。キャンディー、チョコレート、焼き菓子などに使用します。

乳化香料

乳化香料香料成分を乳化剤や安定剤を用いて水に分散させて、乳化均一化した液体香料です。
香りの保留性に優れ、やわらかな香りと風味を付与します。

粉末香料

粉末香料香料成分を粉末基材と混合したり、噴霧乾燥などして、粉末化したものです。光、空気に対しても安定性がよく、運搬、保管、計量などの際に取り扱いも便利です。