香料とは?

 

 

「香料」とは様々なものに香りを付与する素材です。その中でも「食品香料」は食品添加物として、調味料などと同様に食品を製造加工する際に用いられる原料素材のひとつです。香料の使用は添加物の中でも最も古い歴史を持ち、人が香りを利用するようになったのは、火を発見したときだとも言われています。

燃える木や樹脂の匂いを感じとり、焼いた肉の香ばしい匂いを通して、よりおいしさを求めたのではないでしょうか。
現在、日本の食品衛生法では、
「食品の製造又は加工工程で、香気を付与または増強するため添加される、添加物及びその製剤」
と定義されています。

食品の美味しさは、味と香り、食感などが一体になって感じられますが、もし香りがなかったら、どんなに高価で美しく調理された食品でも味気無いものになってしまうでしょう。美味しさと香りは切っても切れない関係にあり、香料は我々の食生活に重要な役割を果たしているのです。

「おいしさ」のなかで忘れられがちな「香り」を見直してみませんか?